ウェーブ西宮の佐伯です! 日々の事、仕事の事をつれづれに書いていきます

荷が下りたのと、我が良き友よ Ⅱ

2014年05月15日

遺影の件でお伺いした帰り道、35~37年前に住んでいた場所の近所を

通った際に思い当たる事があり、とある会社へアポなしで訪問させて頂く事に。

事情を説明すると快く迎えて下さり、その会社は当時に勤めていた会社を

息子さんが引き継いだ?との事でした。

当時の僕の事もうっすらと覚えていて下さり、懐かしい方々の名前が・・・。

同級生の話を聞くと「彼もずーと勤めており、家も買って3人の孫もおるで」との事。

 

携帯番号をお伝えして帰ると夕方には同級生からTELが。

聞く声は30年ぶりの懐かしい声。

「法事でそちらに行くのでその時に」と。

 

当時からは若干、スリム?になったかと思うも、短く刈った頭は

薄くはなっていなかったが、ゴマ塩状態。

漁師並みにまっ黒けに日焼けした顔は年輪が刻まれているかの様。

彼は職人の道を歩み、37年間に渡りずーと一本道を。

僕は紆余曲折がありながらも今の仕事に。

 

中学の同級生が10代の後半、大阪の下町でいろんな方に出会い

はちゃやめちゃをしながらも、いつしかお互いに所帯を持って、

子を持つ親となり、孫を持つ身分に。

当時から知っている奥さんもお元気で、今は山登りに凝っているらしい。

同級生も釣りを趣味としており、時間があれば大阪南部で竿を出しているとか。

お互いの釣りの話で盛り上がり、出来ればお互いの釣り場に行き一緒に竿を出そうと

 

 

 

我が良き友よ  作詞:作曲 吉田拓郎

歌 かまやつ ひろし

下駄を鳴らして奴が来る
腰に手ぬぐいぶらさげて
学生服にしみ込んだ
男の臭いがやってくる
ああ 夢よ 良き友よ
おまえ今頃 どの空の下で
俺とおんなじ あの星みつめて
何想う

 

古き時代と人が言う
今は昔と俺は言う
バンカラなどと口走る
古き言葉と悔やみつつ
ああ 友と 良き酒を
時を憂いて 飲み明かしたい
今も昔も この酒つげば
心地よし

 

 

 

 

 

 

PAGE UP PAGE UP

住宅リフォーム ウェーブ西宮 あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して 住宅リフォーム・リノベーション「ウェーブ西宮」

あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して

〒663-8006 兵庫県西宮市段上町2丁目 1-3
フリーアクセス:0120-530-736(営業時間9:00〜18:00)
定休日:水曜日(土・日曜日/祝日も営業しております)
※西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください

お問合せ
西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください
資料請求
お気に入り