私達自身の事をもっと知っていただき安心してご依頼できるように毎日スタッフが更新しております。

宮安 孝昌

このブログの担当は、『宮安 孝昌』です。是非、お楽しみ下さい!

16年の月日

2011年01月17日

こんにちわ。
ウェーブ西宮の宮安です。
今日この日にブログ当番になったのは何かの縁、阪神大震災について書こうと思います。
  

この時期になるとやっぱり思い出します。

当時僕は中学1年生の1月でした。

2つ下に弟、7つ下に妹のいる僕は、一人で部屋で寝ていました。

明け方の5時46分、とてつもない爆音と共に体が跳びはね、一瞬で地震と分かりました。

部屋の四方を本棚で囲まれていたため、とりあえず布団に丸まり、揺れが収まるのを待ちました。

その後すぐに隣で寝ていた妹を抱きかかえ、まだ寝ていた弟を起こし、リビングの奥にいている両親の所まで行きました。

リビングでは、反対側にあった、背丈よりも大きな食器棚が倒れ、リビングに食器の割れた破片が飛び散っていました。

なんとか靴下を履いて、家族と合流し、明るくなるのを待って、急いで尼崎の祖父母の家まで避難しました。

マンションのエレベーターはもちろん停まっていたので、15階から階段で下りると、見たこともないような亀裂が

アスファルトを引き裂いていたことを覚えています。

避難した尼崎は何とか水道、ガス、電気もすぐに復旧し、2カ月ほどそこで生活をしました。

 

そして震災から早16年経ちます。

僕の周りでは仲良しの職人さんが瓦礫の下敷きになり、命からがら脱出した話や、実際に身内や友人が亡くなった話も

聞きました。良くも悪くもこの震災から受けた影響はとても大きく、ずっと心の中に残っています。

 

復興工事はもうほとんど終わり、神戸の町にはすっかりその跡は見なくなりました。

しかし、復興住宅での孤独死など、その傷はまだまだ深く、まだまだぬぐえません。

建築業に携わったことで、いろんな地域の方々に震災の大きさや、家におきた被害を見せてもらっています。

ほんとうにすさまじく、大きな地震であったことを痛感します。

この仕事を通して、被災した身として何ができるという訳ではありませんが、この事を忘れず、また何かの役に

立てていければと思います。

 

最後に亡くなった6434人の方々のご冥福をお祈りします。

PAGE UP PAGE UP

住宅リフォーム ウェーブ西宮 あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して 住宅リフォーム・リノベーション「ウェーブ西宮」

あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して

〒663-8006 兵庫県西宮市段上町2丁目 1-3
フリーアクセス:0120-530-736(営業時間9:00〜18:00)
定休日:水曜日(土・日曜日/祝日も営業しております)
※西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください

お問合せ
西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください
資料請求
お気に入り