私達自身の事をもっと知っていただき安心してご依頼できるように毎日スタッフが更新しております。

寺本 信一

このブログの担当は、『寺本 信一』です。是非、お楽しみ下さい!

「住宅エコポイントの影響が。。。」

2010年12月06日

こんばんはゎ~

 

只今 年内工事で奔走しております

 

テラモトでございますaicon339.gif
(世間も12月は慌ただしいですねぇ)

 

さてさて

 

今回は皆さんお知らせがございまぁすaicon_1.gif
 

それは

 

「断熱材不足 省エネ住宅建設が大幅遅れ」

住宅エコポイントの人気の高まりを受け、

 

代表的な住宅断熱材のグラスウールが不足し、

 

省エネ住宅の建設が大幅に遅れている。

 

従来のほぼ2倍の国産断熱材の使用が義務付けられており、

 

生産が追いつかないためだ。今年10月までの消費量は昨年1年分の生産量に

 

相当し、約2万戸分のグラスウールが来春まで不足するとみられる。

 

このまま建設の遅れが続けば、建築代金の支払いが延び、

 

資金繰りに行き詰る工務店が増える恐れがあるとして、

 

経済産業省と国土交通省も実態調査を始めた。

 住宅エコポイントの対象となる「次世代省エネ基準」は、

 

従来のほぼ倍の国産グラスウールの使用を定めている。

 

08年のリーマン・ショックで急減した国内の建築需要を刺激する

 

狙いがあった。10年度上半期(4~9月)の新設住宅の着工戸数は、

 

前年同期比6.2%増の40万7895戸。

 

エコポイントを申請した省エネ住宅は10月末で10万9445戸に上り、

 

新築の省エネ住宅の比率は約1割から約4割に増加した。

 エコポイント人気によるグラスウール不足は、

 

中小工務店の経営に影響が出始めている。

 

国交省が先月実施した全国約1700の工務店を対象にした調査によると、

 

「代金がもらえず年が越せない」

 

「お客に工事が延びることを言い出せない」

 

など建設の遅れや経営への不安を訴える声が上がっており、

 

全体の約6~7割が来年3月までの受注分に必要なグラスウールを

 

確保できる見通しが立っていないという。

 とのことなんです。。。b-orooro.gif
 

いやぁ~

 

大変なことになっておりますので

 

私どもの方でも来年の工事に向けて急ピッチで準備しております!!

 

まぁ

 

来年にかけて断熱・大規模リフォームを含めた工事を計画されておられる方は

 

お早めにお問い合わせ下さいませ

 

m(_ _)m

 

それでは

 

また 来週お会いしましょ~ぅ☆

 

\(^0^)/

PAGE UP PAGE UP

住宅リフォーム ウェーブ西宮 あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して 住宅リフォーム・リノベーション「ウェーブ西宮」

あなたの街の頼れるリフォームショップを目指して

〒663-8006 兵庫県西宮市段上町2丁目 1-3
フリーアクセス:0120-530-736(営業時間9:00〜18:00)
定休日:水曜日(土・日曜日/祝日も営業しております)
※西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください

お問合せ
西宮・宝塚・尼崎・伊丹・芦屋でのリフォーム・リノベーションはお気軽にお問い合せください
資料請求
お気に入り